×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

発症パターンが様々なアトピー性皮膚炎

■□ アトピーとどう付き合うか □■



疑問の解決が治療の第一歩

アトピー性皮膚炎と社会環境

大人まで引きずってしまえば、完治する確率は著しく低くなってしまう、このアトピー性皮膚炎が年々、その患者数を増やしている背景には、私たちを取り巻く社会環境、それ自体に「アレルギー反応」を起こさせる要因が劇的に増加してきている背景が考えられます。

ただでさえ外的な刺激は避けたい、アトピー患者の皮膚に強い刺激を与える物質が増えている他、排ガスに代表される大気汚染、通気性への配慮に乏しい鉄筋構造の建物、ションプー剤や洗剤、衣類といった日用品、はたまた、日持ちさせる目的などで食品に含まれる添加物などなど、便利な生活の裏返しとして、アトピー性皮膚炎を持つ人にとっては、マイナスになるであろう要因が溢れています。

アトピー患者のほとんど居なかった時代には、今、あげたような要素は身の回りに存在せず、マスコミなどで取り上げられる事もなかった事を考えると、アトピー性皮膚炎と社会環境は、切っても切り離せない関係にあるのだと考えられます。

また、同時に「ストレス」を受けやすい環境、その中での生活を強いられるケースも増える傾向にありますから、これも、アトピー患者の増加を後押ししている要因だと思います。
 
変えづらい生活環境がアトピーを治り難くする >



この章のその他のページ

色々なパターンでアトピーに行き着く
アトピー性皮膚炎と社会環境

変えづらい生活環境とアトピー
単なる接触皮膚炎がアトピーに


PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。