×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキンケア|

アトピー性皮膚炎ガイド

ホームリンクメニュー
アトピー性皮膚炎の改善を目指して

■アトピー性皮膚炎ガイド■


更新日03月13日
アトピー性皮膚炎の治療には何が必要か。入浴剤、温泉、化粧品などで症状は改善する?実績のある病院は?
大人、赤ちゃんによって違う、発症部位やその症状、ステロイドの使用法などを詳しく紹介していきます。
大人になってのアトピー性皮膚炎は完治が難しく、社会生活との折り合いなどを考えても大きな負担になります。
症状の悪化とともに精神的に不安定となり、うつ病を発症してします人もいる程です。
ご自身の赤ちゃんがアトピーになってしまった場合は、ご両親は経済的にも精神的にも大きな負担を抱える事になります。
アトピー性皮膚炎と戦うにはどういった方法があるのか。このHPを通じて考えていきましょう。

アトピー性皮膚炎ガイド画像

 

■ 管 理 人 ■

アトピー性皮膚炎ガイドの管理人

名前:たけ
年齢:31歳
血液型:O型
趣味:散歩、読書
好きなTV:ぐるナイ、チンパンNEWS、その時歴史は動いた
アトピー歴:幼少期に発症。十代の一時期、完治するも、25歳を過ぎたあたりで再び症状は悪化。現在は薬物療法中。

 

■ 更 新 情 報 ■

2/12
TOPページのメニューを見やすいように修正

M E N U

アトピー性皮膚炎が増加傾向にある現実

ページからの抜粋・・・アトピー性皮膚炎は生まれ持ったアレルギー体質に上記のような要因が複合的に関与しあって発症にいたるケースがほとんどと思いますが、最近はマスコミなどでも「アトピー性皮膚炎」が大きく取り上げられて・・・

アトピー性皮膚炎の知識を身に付ける
見た目の苦痛も大きいアトピー

親の負い目がアトピーの子を悩ます
子どもアトピーに必要な親の共感性

▼アトピー性皮膚炎の基礎知識

ページからの抜粋・・・「赤ちゃんアトピー」の他に幼い頃の「アトピー」には「子どもアトピー」と言われる括りがあります。年齢で言えば、2歳から小学生の高学年くらいまでに亘る10年間くらいを指します。症状が多く見られる箇所と・・・

赤ちゃんアトピーは体質的な問題
治る可能性もある、子どもアトピー

当然、ここにも出る大人アトピー
就寝時に出るアトピー性皮膚炎と発汗

▼アトピー性皮膚炎の発症パターンは様々

ページからの抜粋・・・過敏である肌を「赤ちゃん肌」と読んだりしますが、このような、デリケートな皮膚を持っている人の場合、仮に、「アトピー素因」がなくても皮膚が痒みを伴って炎症を起こしてしまう事があるのです。「赤ちゃん肌」の持ち主は・・・

アトピー性皮膚炎と社会環境

単なる接触皮膚炎がアトピーに

▼難解なアレルギー反応とアトピーの関係

ページからの抜粋・・・「免疫機構」は本来、私たちのカラダを守る為のものです。アトピー性皮膚炎にとって、それが一番、難しい問題で、これを「過剰」に反応させず、・・・非常に困難で、残念ながらこの皮膚炎の治療が対処法に終始せざるを・・・

免疫グロブリンとアトピー
T型アレルギー反応とアトピー

ヒスタミンによるアトピーの痒み
IgG抗体のアトピーへの影響

生活の中のアレルゲンとアトピー性皮膚炎

ページからの抜粋・・・「アレルギー反応」をできる限り、減らす事が、アトピー性皮膚炎の改善には必要です。この、部屋のどこにでもある「ハウスダスト」を減らすには、どのような方法が有効なのでしょうか。まず、毎日、心がけて欲しいのが・・・

ハウスダスト対策でアトピーを抑える

大人アトピーと食物アレルギー

▼敏感肌が影響するアトピー性皮膚炎

ページからの抜粋・・・この皮膚を保護し、乾燥を防ぐ、「皮脂膜」が、アトピー性皮膚炎患者の場合、極めて薄い事が分かっています。これは、「皮脂膜」の元になる「皮脂」の分泌が少ない事が原因で、この為に、皮膚の「バリア機能」が低下・・・

その不足がアトピーに繋がるセラミド

皮脂膜の薄さとアトピーのリスク

▼可能な限りのアトピー対策をする重要性

ページからの抜粋・・・「アレルギー的側面」はアトピー性皮膚炎の原因として、最もポピュラーで説明としても納得しやすいのですが、根本的に、その人の体質が切っかけになっている事から、これを、変化させ、改善していく事は容易な・・・

非アレルギー的側面からアトピー緩和
石鹸とアトピーの微妙な関係

刺激の強い化粧落としとアトピー
入浴とアトピー性皮膚炎の症状

▼ストレスが悪化させるアトピー性皮膚炎

ページからの抜粋・・・アトピー性皮膚炎発症の要素として「免疫力の低下」はよく言われる話です。「大人アトピー」、特に幼少期から十代までの期間には、その症状を発症しないまま、年齢を重ねると共に、それを発症してしまうケースの場合・・・

アトピー性皮膚炎とどう向き合うか

痒みへの不安がアトピーの痒みに

アトピー性皮膚炎と上手に付き合う

ページからの抜粋・・・皮膚科から処方された薬を医師の指示通りに使用すれば、アトピーの炎症は早々に治まるでしょう。ただ、忘れてはいけないのは、この薬での症状改善は、あくまでも、一時的なもので、「アトピーの完治」ではないという・・・

最善の循環でアトピーと付き合う

道具の1つに過ぎないアトピーの薬

▼アトピー性皮膚炎で行われる検査とは

ページからの抜粋・・・大人になり、突然、アトピーが現れたとなれば、戸惑うのも当然かもしれません。そのような時は速やかに皮膚科に行く事が先決でしょう。あまり、あれこれと考えていて症状が悪化してしまっては、仮にそれが単なる接触皮膚炎であっても、完治にかかる時間が余計に・・・

アトピーかと思ったらまず皮膚科へ
RIST法とアトピー性皮膚炎

スクラッチテストとアトピー性皮膚炎
パッチテストとアトピー性皮膚炎

▼アトピー性皮膚炎の合併症に気を付けよう

ページからの抜粋・・・正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。アトピーなどで「掻きこわし」た傷口にブドウ球菌などが原因菌となって起こる感染症です。痒みがある為に、それを掻くと、「飛び火」するように症状が・・・

とびひとアトピー性皮膚炎
カポジ水痘様発疹症とアトピー

網膜剥離とアトピー性皮膚炎
円錐角膜の10%の人がアトピー


 

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。