×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

アトピー性皮膚炎の基礎知識

■□ アトピー考察 □■



アトピーを知ろう

治る可能性もある、子どもアトピー

前項に引き続きになりますが、「赤ちゃんアトピー」の原因のひとつと言われる「食物アレルギー」を抑制する意味で、お母さんが妊娠中に「卵」の摂取などを控える事を話ましたが、これは、赤ちゃんや子どもの食事制限でも有効性が認められています。しかし、この年齢での食事制限は健康な成長の妨げにもなりますから、お母さんの独断で行わず、必ず、お医者さんに相談してみてから、その指示に沿って行うようにして下さい。

「赤ちゃんアトピー」の他に幼い頃の「アトピー」には「子どもアトピー」と言われる括りがあります。年齢で言えば、2歳から小学生の高学年くらいまでに亘る10年間くらいを指します。

症状が多く見られる箇所としては、アトピーの最も出やすい箇所といっていい「ヒジの内側」や「ヒザ裏」です。これらの箇所は良く曲げる為に「擦れ」やすく、また、よく汗もかき、皮膚が薄いので、どうしても、炎症は起こしやすくなってしまいます。
ひとつの予防として、気温が上がり始める春先などは極力、汗ばんだりしないように、服装に気を付けてあげると良いでしょう。

基本的には、この「子どもアトピー」は小学生になる頃には、30%位の子どもの症状は治まり、中学生になる頃には、半数以上が 改善するといった統計もありますから、それを見守る親御さんは、少し気持ちに余裕を持つような形で、お子さんのアトピー症状が軽減するようなサポートをしてあげて下さい。

外的要因も大きい大人のアトピー性皮膚炎 >



この章のその他のページ

ラテン語がアトピー性皮膚炎の語源
一過性であればアトピーではない
赤ちゃんアトピーは体質的な問題
治る可能性もある、子どもアトピー
外的要因も大きい大人のアトピー
顔アトピーは人目に付くだけ辛いもの

アトピーに潜む、網膜剥離の危険
衣服で悪くなる首のアトピーの理由
当然、ここにも出る大人アトピー
アトピーの痒みは体温上昇も原因
就寝時に出るアトピーと発汗
厄介な場所にも出るアトピー


PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。