×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

アトピー性皮膚炎の基礎知識

■□ アトピー考察 □■



アトピーを知ろう

赤ちゃんアトピーは体質的な問題も大きい

前項では季節による「気温」や「湿度」によってアトピー性皮膚炎の症状は変化する事をお話しましたが、同じ事が「年齢」についてもいえます。

アトピーは年齢によって、その発症パターンや患部箇所に変化が現れます。小さな頃には症状の見られなかった「顔」「背中」に成人になると共にアトピーが現れたり、その逆、成人になり「顔」にアトピーが現れ始めると、子どもの頃、酷かった「ヒザ裏」の症状はあまり見られなくなるなどのケースは良く聞かれます。

乳幼児期に現れるアトピー性皮膚炎を「赤ちゃんアトピー」などと呼び、小さいお子さんを持つお母さんにとっては大きな関心事のひとつであると思います。「赤ちゃんアトピー」が良く現れる箇所としては「顔」や「耳の付け根」などが挙げられ、「耳の付け根」の症状は、その特徴から、特に「耳切れ」などとも呼ばれています。

「赤ちゃんアトピー」の原因としては当然、「食物アレルギー」「ハウスダスト・ダニアレルギー」などが考えられますが、良く言われるようにアトピー性皮膚炎を引き起こす「アレルギー素因」はその人、個人の体質に関わり、一概に特定はできないものです。

ただ、赤ちゃんのアトピーの発症率を低下させる手段として、お母さんが妊娠中に「卵」「牛乳」などのタンパク質、いわゆる「アレルゲン」に成りえる食物を制限する方法は、有効であるといった調査があります。

治る可能性もある、子どもアトピー >



この章のその他のページ

ラテン語がアトピー性皮膚炎の語源
一過性であればアトピーではない
赤ちゃんアトピーは体質的な問題
治る可能性もある、子どもアトピー
外的要因も大きい大人のアトピー
顔アトピーは人目に付くだけ辛いもの

アトピーに潜む、網膜剥離の危険
衣服で悪くなる首のアトピーの理由
当然、ここにも出る大人アトピー
アトピーの痒みは体温上昇も原因
就寝時に出るアトピーと発汗
厄介な場所にも出るアトピー


PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。