×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

アトピー性皮膚炎の基礎知識

■□ アトピー考察 □■



アトピーを知ろう

就寝時に出るアトピー性皮膚炎と発汗

前項では「背中」や「胸元」にできるアトピー性皮膚炎について、お話し、「就寝時の発汗」についても触れました。
ここで、ひとつのアトピー予防のヒントがあり、「就寝時は身体を温め過ぎる事は避け、出来る限り、涼しい環境で眠る」という事が考えられます。

敷布団や掛け布団と密着した身体表面は一気に温度が上がり、そこで寝ている本人はポカポカとして気持ちがいいのですが、この温度に、アトピーは過敏に反応します。
涼しい状態よりも、暖められた皮膚はアトピーによる痒みを増幅しやすく、この事からも、暖かい布団の中は、「就寝時の発汗」とも相まって、アトピーを悪化させる要素が揃ってしまっている、とも言えるのです。

これに対し、実践して欲しい対策は、単純ですが、「掛け布団の枚数を減らす」事や「就寝時は薄着で布団にはいる」事です。
これを行って風邪を引いてしまっては困りますが、春先など、少し暖かくなってきた時期に、真冬と同じ「パジャマ」「掛け布団」といった就寝スタイルを続けた為に、重症化してしまう「背中」や「胸元」などのアトピー予防には有効なはずです。

また、それでも痒みが出てしまったら、炎症部分を素早く冷やしましょう。眠っている時というのは、起きている時、以上に炎症部分を激しく掻いてしまうものです。しかし、素早く冷やす事で、痒みは最小限度に抑えられ、「掻きこわし」によるアトピー悪化も回避できます。
方法としては、「濡れタオル」や「氷」など、ヒヤっとするものなら、何でもいいのですが、深夜に飛び起きて、あれやこれやと準備するのは大変ですから、就寝前に枕元に準備しておく方がいいと思います。

厄介な場所にも出るアトピー性皮膚炎 >



この章のその他のページ

ラテン語がアトピー性皮膚炎の語源
一過性であればアトピーではない
赤ちゃんアトピーは体質的な問題
治る可能性もある、子どもアトピー
外的要因も大きい大人のアトピー
顔アトピーは人目に付くだけ辛いもの

アトピーに潜む、網膜剥離の危険
衣服で悪くなる首のアトピーの理由
当然、ここにも出る大人アトピー
アトピーの痒みは体温上昇も原因
就寝時に出るアトピーと発汗
厄介な場所にも出るアトピー


PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。