×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

アトピー性皮膚炎で行われる検査とは

■□ アトピーはこう治す □■



自分の症状を把握しよう

アトピー性皮膚炎かと思ったらまず皮膚科へ

アトピー性皮膚炎に似た症状を示す皮膚疾患はいくつもあり、初めて痒みや湿疹に襲われた時には、それがアトピーか、どうなのか判断するのは難しいでしょう。もちろん、家族の中にアトピーを患っている人がいれば、ピンとくるかもしれませんが、そうでなく、大人になり、突然、現れたとなれば、戸惑うのも当然かもしれません。

そのような時は速やかに皮膚科に行く事が先決でしょう。あまり、あれこれと考えていて症状が悪化してしまっては、アトピーであっても、そうでない場合であっても、後々の治療に影響しないとも限りません。

皮膚科では、まず、診断の前に症状についてのアンケート用紙が配られ、記入することもあります。診察では医師からの質問もありますから、基本的な質問にはスムーズに答えられるようにしておいた方がいいでしょう。経験の豊富な皮膚科医であれば、ほとんど、症状をみるだけで、アトピー性皮膚炎か、そうでないかを判断してくれます。

  • 症状は、いつ頃からのものか
  • 初めに確認できた症状はどういったものだったか
  • 現在、確認できる症状はあるか。
  • 痒みの有無
  • 症状の切っかけに何か心あたりはあるか。
  • 特定の状況下で症状が悪くなるか。
  • これまでの病歴(特にアレルギー疾患)
  • 家族にアレルギー疾患はあるか。
  • この症状についての通院歴。
  • その時の、診断および、使用していた薬について。

これらの質問に、出来る限り、正確に答えられるようにしておけば、診察もスムーズに行われます。

RIST法とアトピー性皮膚炎 >



この章のその他のページ

アトピーかと思ったらまず皮膚科へ
RIST法とアトピー性皮膚炎
IgG値検査とアトピー性皮膚炎
RAST法とアトピー性皮膚炎
好酸球とアトピー性皮膚炎

スクラッチテストとアトピー性皮膚炎
パッチテストとアトピー性皮膚炎
光線照射テストとアトピー性皮膚炎
食物除去テストとアトピー性皮膚炎
使用テストとアトピー性皮膚炎


PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。