×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

アトピー性皮膚炎で行われる検査とは

■□ アトピーはこう治す □■



自分の症状を把握しよう

光線照射テストとアトピー性皮膚炎

「遅延型」といわれる「W型アレルギー反応」についての、アレルゲン特定に有効な検査である「パッチテスト」についての説明を前項ではしました。 皮膚科の専門医であれば、症状をみれば、大よそ、それがアトピー性皮膚炎であるかどうかの検討は付くのですが、これから、どんな、治療を施していくかや、その人のアレルギーの特徴を掴むために、「パッチテスト」以外にも、アレルギーチェックの検査を行う事があります。自分のアレルギーに対する反応の傾向のようなものを知っておけば、これからのアトピー性皮膚炎対策にも役立つのではないでしょうか。

光線照射テスト
「顔」に出るアトピーが酷く、治療の効果もあまり上がらない場合は、光線過敏症の疑いも考えられるため、この「光線照射テスト」を行い、日光によって引き起こされる免疫システムの異常の有無を調べます。

光線過敏症は普通量の日光を浴びただけで、皮膚に何らかの症状が出てしまうもので、ベースにアレルギー性疾患があるかというとそうでもない、原因不明のことも少なくありません。日光性皮膚炎、また、日光過敏症とも言われています。

テストは中波長紫外線(UVB)や長波長紫外線(UVA)を照射し、皮膚に赤みや痒みの異常が現れるかを24〜72時間後に判定します。

食物除去テストとアトピー性皮膚炎 >



この章のその他のページ

アトピーかと思ったらまず皮膚科へ
RIST法とアトピー性皮膚炎
IgG値検査とアトピー性皮膚炎
RAST法とアトピー性皮膚炎
好酸球とアトピー性皮膚炎

スクラッチテストとアトピー性皮膚炎
パッチテストとアトピー性皮膚炎
光線照射テストとアトピー性皮膚炎
食物除去テストとアトピー性皮膚炎
使用テストとアトピー性皮膚炎


PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。