×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

アトピー性皮膚炎で行われる検査とは

■□ アトピーはこう治す □■



自分の症状を把握しよう

好酸球とアトピー性皮膚炎

前項では、アトピー性皮膚炎の誘因として疑わしい抗原(アレルゲン)を、その人個人の傾向として特定する事ができるRAST法について話ました。 皮膚科の専門医であれば、症状をみれば、大よそ、それがアトピー性皮膚炎であるかどうかの検討は付くのですが、これから、どんな、治療を施していくかや、その人のアレルギーの特徴を掴むために、「RAST法」以外にも、アレルギーチェックの検査を行う事があります。自分のアレルギーに対する反応の傾向のようなものを知っておけば、これからのアトピー性皮膚炎対策にも役立つのではないでしょうか。

好酸球の検査
好酸球は本来、アレルギーの抑制の為に働く白血球の一種なのですが、アトピー性皮膚炎では、これが高い確率で増加し、その悪影響なども指摘されています。
以前にお話した、アトピーの「T型アレルギー反応」に関連し放出される、ヒスタミンは、激しい痒みを誘発しますが、好酸球はこれを抑制する為に増殖します。
好酸球も、それだけなら、いいのですが、増殖した好酸球はロイトコイシンという物質からの作用で、遅発性の炎症や湿疹に影響してしまうようなのです。

炎症部分で増殖する好酸球は、アトピー性皮膚炎を持つ人では高い数値を示します。基準値は10%以下ですが、アトピーを持つ人では、これの3〜5倍になる事もあります。

スクラッチテストとアトピー性皮膚炎 >



この章のその他のページ

アトピーかと思ったらまず皮膚科へ
RIST法とアトピー性皮膚炎
IgG値検査とアトピー性皮膚炎
RAST法とアトピー性皮膚炎
好酸球とアトピー性皮膚炎

スクラッチテストとアトピー性皮膚炎
パッチテストとアトピー性皮膚炎
光線照射テストとアトピー性皮膚炎
食物除去テストとアトピー性皮膚炎
使用テストとアトピー性皮膚炎


PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。