×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

アトピー性皮膚炎と上手に付き合う

■□ アトピーと暮らす □■



アトピー治療の切っかけ作り

アトピー性皮膚炎は保湿でカバーする

アトピー性皮膚炎の改善には薬物治療は欠かせませんが、その効果は残念ながら一時的なものでしかなく、薬は、あくまで症状を「抑える」ためのひとつの道具、また、その「抑えた」状態にある皮膚を長く保つ為には、日々の「スキンケア」が欠かせない、といった話を前項ではしました。

「スキンケア」が大切なのは、アトピー性皮膚炎の原因となる様々な「刺激」に対して、皮膚を守ってくれる「バリア機能」をしっかりと機能させるためです。アトピーを発症してしまう人の「バリア機能」は元々、その働きが弱くなっていますから、それを補うためのケアは欠かせないと言うことができるのです。

「バリア機能」が弱いという事は、皮脂膜が薄く、水分を逃がしやすい状態である事が想像されますから、それを、しっかりと保湿でカバーしてやれば、少なからず、その機能の働きは違ってくるはずです。

汗や汚れは当然、皮膚への刺激になる要因ですから、しっかりと取り除くとして、少しでも弱い「バリア機能」を助ける為に、「ハウスダスト」が溜まらないよう部屋はマメに喚起、掃除し清潔な環境を保つのは大切なことでしょう。また、皮膚への負担を避ける意味で、無意識に患部を触ったり、摩ったりするクセは治したいところです。

アトピー性皮膚炎かと思ったらまず皮膚科へ >



この章のその他のページ

「症状のない状態」をアトピー治療の目標に
最善の循環でアトピーと付き合う

道具の1つに過ぎないアトピー性皮膚炎の薬
アトピーは保湿でカバーする



PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。