×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

アトピー性皮膚炎と上手に付き合う

■□ アトピーと暮らす □■



アトピー治療の切っかけ作り

最善の循環でアトピー性皮膚炎と付き合う

アトピー性皮膚炎の治療は、その労力に対して、効果の出かたが決して明確ではなく、というより、ガッカリするような事の方が、多い為、ネガティブな気分で「ストレス」を溜めてしまう場合も少なくないと思います。
ですから、、そういった形で落ち込んでしまう前に、「完治」を強く意識し過ぎる事なく、自分にとってアトピーとは、「症状がまったくない状態」がベストと位置付けて、治療に取り組んでいく事が、アトピーとの付き合い方としては望ましい、といった内容が前項でした。

実際の問題として、薬物療法では、かなりの確率で症状の改善は望めます。この「改善はできる」事にもっと、着目すれば、アトピーと前向きに付き合う事も難しくはないでしょう。

「良くなっても、また悪くなる」事も、確かにありますが、その事は「アトピーという病気だから、そういう事もある」と客観的に捕らえてみてはどうでしょうか。その上で、「良くなった状態を如何にキープしていくか」を考え、その対処法を身に付けて行く事の方が、アトピーとの付き合いを長期的にみた場合、有用であるはずなのです。

自分にあった対処法を身に付けていれば、いざ、症状が悪化した場合でも、精神的な落ち込みは少なく、その効果で、新たな「痒み」の原因になるような「ストレス」が生まれなければ、それがアトピー性皮膚炎の治療における「最善の循環」だと思います。

道具の1つに過ぎないアトピー性皮膚炎の薬 >



この章のその他のページ

「症状のない状態」をアトピー治療の目標に
最善の循環でアトピーと付き合う

道具の1つに過ぎないアトピー性皮膚炎の薬
アトピーは保湿でカバーする



PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。