×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

アトピー性皮膚炎と上手に付き合う

■□ アトピーと暮らす □■



アトピー治療の切っかけ作り

道具の1つに過ぎないアトピー性皮膚炎の薬

アトピー性皮膚炎と前向きに付き合っていく為のポイントとして、「薬物療法では、かなりの確率で症状の改善は望める」事に、もっと着目すべきではないか、といった内容の話を前項ではしました。「薬で良くなっても、また悪くなる」事で、思い悩みが過ぎてしまえば、アトピーの改善にも「ストレス」という意味で支障になりかねません。

アトピーの治療では、実際、薬の占める割合は高く、それを嫌う向きもあるようですが、大切なのは、それをアトピー改善の道具のひとつとして「どう使うか」に掛ってくるのではないでしょうか。別の見方をすれば、あくまでも「薬」は道具のひとつに過ぎないともいえるのです。つまり、「薬」は確かに一定の効果は見込めますが、しかし、それに頼り過ぎてはいけないと言うことです。

皮膚科から処方された薬を医師の指示通りに使用すれば、アトピーの炎症は早々に治まるでしょう。ただ、忘れてはいけないのは、この薬での症状改善は、あくまでも、一時的なもので、「完治」ではないという点です。
そのままの状態で放置すれば、再発の可能性は高く、また、薬で抑える悪循環になってしまいます。この悪循環を回避する為に、考えなければいけない事は、「薬」で改善した皮膚状態を1日でも長く保つにはどうしたらいいか、といった事です。

体質が変えられない以上、やはり、日々の「スキンケア」によって「バリア機能」を出来る限り高いレベルに保つ事が、上記の問い に対する答えになると言えると思います。

アトピー性皮膚炎は保湿でカバーする >



この章のその他のページ

「症状のない状態」をアトピー治療の目標に
最善の循環でアトピーと付き合う

道具の1つに過ぎないアトピー性皮膚炎の薬
アトピーは保湿でカバーする



PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。