×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

アトピー性皮膚炎と上手に付き合う

■□ アトピーと暮らす □■



アトピー治療の切っかけ作り

「症状のない状態」をアトピー治療の目標に

「アトピー性皮膚炎は根本的に治せるのか」といって問いを先送りにする形で、これまで、その原因や仕組みについて、「アレルギー反応」や「バリア機能」、また、それらを踏まえた「アレルギー的な側面」と「非アレルギー的な側面」といった大きい枠組みから、アトピー性皮膚炎についてアプローチしてきました。

確かにアトピー性皮膚炎になるには、それを発症しやすい体質の問題や、生まれ付きの「敏感肌」なども関連し、治療に傾けた努力に比例しただけの症状改善の成果が出にくい病気である事実は否定できません。
中には「どうやっても治らない。同じ結果の繰り返し。もう嫌だ。」とネガティブな感情に襲われ、「うつ」のような精神状態に追い込まれてしまう人も少なくありません。

しかし、「完治」は、その人の体質に根ざしている問題だけに難しいですが、「症状がまったくない状態」にする事は決して不可能ではありません。「症状がまったくない状態」とは、患部であった箇所に炎症の跡は残っているものの、「痒み」はなく、夜もぐっすりと眠れ、日常生活に支障のない状態です。

日々のスキンケアや薬物療法で目指すのは、このような「症状がまったくない状態」と考えれば、アトピー性皮膚炎とも前向きに付き合っていけるのではないでしょうか。
確かにスキンケアなどを怠れば、症状が再発してしまう小康状態な訳ですが、ネガティブな気持ちでストレスを溜めながら、アトピー治療を行うよりも、前向きな気持ちで取組む方が、より明確な症状改善が望めるはずです。

最善の循環でアトピー性皮膚炎と付き合う >



この章のその他のページ

「症状のない状態」をアトピー治療の目標に
最善の循環でアトピーと付き合う

道具の1つに過ぎないアトピー性皮膚炎の薬
アトピーは保湿でカバーする



PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。