×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

ストレスが悪化させるアトピー性皮膚炎

■□ アトピーと暮らす □■



アトピー治療の切っかけ作り

「集中する事」とアトピー性皮膚炎の痒み

前項では、「痒み」が起きやすい皮膚環境は「神経過敏」が引き金になり、また、「痒みへの不安」が新たな「ストレス」を生んでしまう仕組みを順を追って説明しました。

「ストレス」がアトピー性皮膚炎の症状悪化に少なからず関与し、痒みの要因のひとつである事は間違いないでしょう。
しかし、ここでは、矛盾したような話ですが、「ストレスには良いストレスもある」という話をしたいと思います。

「良いストレス」とは「ほど良いストレス」と言い換えてもいいかもしれません。過度にならない程度の緊張感の元、集中して何かに取組んでいる時が「ほど良いストレス」状態といえると思います。

この「ほど良いストレス」下においては、アトピー性皮膚炎の痒みの発生が減少する傾向にあるようです。これは「痒み」そのものや、「痒みへの不安」といったマイナス要因に意識が及ばない為に、起こらなくて良い「痒み」の発生が抑えられているのではないかと推測できます。
この事で、全ての痒みが起きないとはいいませんが、少しでも「掻きこわし」のリスクを軽減できれば、それに越した事はないはずです。仕事、スポーツ、その他の趣味、何でも構いませんから「集中して取り組む」事で「ほど良いストレス」状態を作り、それをアトピー性皮膚炎改善の一環とする事は悪くない方法だと思います。

「症状のない状態」をアトピー治療の目標に >



この章のその他のページ

アトピー性皮膚炎とどう向き合うか
目に見えないストレスとアトピー

痒みへの不安がアトピーの痒みに
「集中する事」とアトピーの痒み


PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。