×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

可能な限りのアトピー対策をする重要性

■□ アトピーと暮らす □■



アトピー治療の切っかけ作り

入浴とアトピー性皮膚炎の症状

洗顔時の「ゴシゴシ洗い」は、汚れを落とし「アレルゲン」の侵入を防ぐどころか、皮膚に余計な刺激を与える事で「バリア機能」の低下を招き、余計に「アレルゲン」の侵入しやすい肌環境を整えてしまう、といった説明を前項ではしました。

そこで、この「ゴシゴシ洗い」について、もうひとつ言っておかなけえばいけないのが、これが、もちろん、「顔」に限った事ではないという事です。入浴時にタオルやブラシで身体を「ゴシゴシ」と力一杯に洗ってしまうのは、「顔」の「バリア機能」が低下してしまう理由と同様で、決して良くはありません。

入浴時は、特に、身体が温まる関係で「痒み」が起きやすい状況であり、また、以前にお話した「石鹸」による「化学的な刺激」も受けているのですから、そこへきての、「ゴシゴシ洗い」となると、アトピー性皮膚炎を患う者にとっては、症状悪化の大きなリスクを背負う事になります。

身体を洗う際は、「汚れを落とす」事は、あまり意識せず、出来る限り力を入れない形で行うのが基本になります。「汚れを落とす」事を意識してしまうと、どうしても、力が入ってしまいます。

また、入浴後、バスタオルで水気を拭き取る際も、同様に身体を強く「擦る」事はしないようにしましょう。使うバスタオルは当然、乾燥しているでしょうから、皮膚には「ゴワゴワ」とした刺激が直接、伝わります。
ですから、その素材にも気を使いたいところです。なるべく、肌にソフトなものを選ぶのがベストといえます。

生活の中に潜むアトピー性皮膚炎の誘発要因 >



この章のその他のページ

非アレルギー的側面からのアトピー緩和
汗や汚れがアトピーの痒みに
石鹸とアトピーの微妙な関係
リンスの洗い残しはアトピーには禁物
衣服の刺激がアトピーの痒みに

掻くも擦るもアトピーには良くない
刺激の強い化粧落としとアトピー
ゴシゴシ洗いがアトピーを悪化させるケース
入浴とアトピー性皮膚炎の症状
生活の中に潜むアトピーの誘発要因


PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。