×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

可能な限りのアトピー対策をする重要性

■□ アトピーと暮らす □■



アトピー治療の切っかけ作り

掻くも擦るもアトピー性皮膚炎には良くない

ここまでは、「シャンプー」や「リンス」、チクチクとする「衣服」によって影響を受けてしまう「バリア機能」の低下した皮膚の、その「刺激」について話を進めてきました。

この項で、触れておきたいのが、上記のような「刺激」によって、実際に「痒み」が出てしまった場合の事です。
これまでにも、「バリア機能」を低下させる要因は、幾つか挙げてきましたが、「痒み」が出てしまった時にとる、ある行動が、「バリア機能」をさらに、弱いものにしてしまう事があります。

「ある行動」とは、簡単にいってしまえば、「痒み」が出てしまった時、その患部を「叩いたり」、または「擦ったり」して、皮膚に物理的な刺激を与えてしまう事です。
ここに「掻く」を入れなかったのは、それが、アトピー性皮膚炎を悪化させてしまうと誰もが知っていて、「掻く事」は「我慢しまければいけない」と思っている人が多いからです。逆に「叩いたり」「擦ったり」は「掻く」代わりの行動として、それ程、躊躇せず、行ってしまっている節があるのです。

ここで、注意して欲しいのが、この「擦る」行動が「クセ」になっている人が多い事です。「痒くならなけらばいいな」という不安の裏返しなのかもしれませんが、無意識に手のひらで患部を覆ったり、さわさわと触れてみたりして、余計な「刺激」を与えてしまっているのです。

何かの切っかけで「痒み」が出てしまうのは、そういって症状を起こさせる病気なので仕方ありませんが、自らの「クセ」で、その切っかけを作ってしまうのは、アトピー性皮膚炎の改善を望む上で大きなマイナスです。

刺激の強い化粧落としとアトピー性皮膚炎の関係 >



この章のその他のページ

非アレルギー的側面からのアトピー緩和
汗や汚れがアトピーの痒みに
石鹸とアトピーの微妙な関係
リンスの洗い残しはアトピーには禁物
衣服の刺激がアトピーの痒みに

掻くも擦るもアトピーには良くない
刺激の強い化粧落としとアトピー
ゴシゴシ洗いがアトピーを悪化させるケース
入浴とアトピー性皮膚炎の症状
生活の中に潜むアトピーの誘発要因


PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。