×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

敏感肌が影響するアトピー性皮膚炎

■□ アトピー改善の為に □■



アトピー知識を身に付ける

その不足がアトピー性皮膚炎に繋がるセラミド

皮膚には、アトピー性皮膚炎の原因になる「外的な刺激」や「アレルゲンの侵入」を防ぐ、「バリア機能」があり、それを担っているのが、「角質層」「表皮」「真皮」の皮膚の3層構造の内、「角質層」である、といったところまでは前項でお話した通りです。

「角質層」は「皮脂膜」や「天然保湿因子‐NMF(Natural Moisturizing Factor)」という「アミノ酸」、また、尿素を含む扁平な「角質細胞」が積み重なっていて、それを、「角質細胞間物質」が繋ぎ合わせる役割をしています。

「天然保湿因子」という言葉は聞きなれないと思いますが、これは約50%が「アミノ酸」で、その他に「アミノ酸」のひとつである「グルタミン酸」から組成される「ピロリドンカルボン酸」を含んでいます。

「角質細胞」同士の間を埋めているのは、リン脂質の「角質細胞間物質」ですが、その内の半分を占めるのが「セラミド」といわれる脂質です。

「セラミド」は皮膚内部の水分を外に逃がさないようにし、肌にうるおいやハリを与える働きがあります。また、外的刺激に対する「耐性」を高め、「アレルゲン」の侵入を未然に防ぐ役割も持っています。
一般的にアトピー性皮膚炎を発症する人は、この「セラミド」が平均よりも少ないといった傾向にあるようです。

皮脂膜が薄いとアトピー性皮膚炎のリスクは高くなる >



この章のその他のページ

肌トラブルの原因とアトピー性皮膚炎
その不足がアトピーに繋がるセラミド
皮脂膜の薄さとアトピーのリスク

バリア機能とアトピーの密接な関係
スキンケアの重要性とアトピー


PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。