×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

アトピー性皮膚炎の合併症の気を付けよう

■□ アトピーはこう治す □■



自分の症状を把握しよう

カポジ水痘様発疹症とアトピー性皮膚炎

前項では掻くことで、症状が全身に広がってしまう皮膚病「とびひ」について説明しました。アトピー性皮膚炎ではバリア機能の低下や、免疫力の低下から「とびひ」以外でも、いくつかの合併症を起こしてしまうことがあります。合併症による、症状の悪化は、アトピー治療にも支障をきたす事になります。アトピーを待たない人よりも、皮膚からの細菌やウイルスの侵入を許しやすい事をよく理解し、注意する必要があるでしょう。

カポジ水痘様発疹症
単純ヘルペスともいい、単純ヘルペスウィルス(HSV)が経皮感染することで発症します。HSVには1型と2型があり、HSV1型は上半身に、HVS2型は下半身に分布することが分かっています。
普通、その症状は狭い範囲に限られる事が多く、口唇などに水疱ができるのですが、アトピー性皮膚炎との合併症を起した場合は、症状の範囲が顔全体に及ぶこともあります。

ピリピリした痛みや痒みに加え、リンパ節が腫れたり、高い熱がでることもある、この病気ですが、とくに重症化したアトピー性皮膚炎との合併症が多いようです。これまでに紹介した「水いぼ」「とびひ」と同じく、このカポジ水痘様発疹症もステロイドには敏感な反応をする為、この症状が治まるまでは、ステロイド外用薬は使用しない方がいいと考えられています。

単純ヘルペス角膜炎とアトピー性皮膚炎 >



この章のその他のページ

水いぼとアトピー性皮膚炎
とびひとアトピー性皮膚炎
カポジ水痘様発疹症とアトピー
単純ヘルペス角膜炎とアトピー

網膜剥離とアトピー性皮膚炎
白内障とアトピー性皮膚炎
円錐角膜の10%の人がアトピー
再発も多い眼瞼炎とアトピー


PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。