×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

|赤ちゃんアトピー|治療知識|ステロイドの効果|改善法|大人アトピー|スキン対策|

ホームリンクメニュー

生活の中のアレルゲンとアトピー性皮膚炎

■□ アトピー改善の為に □■



アトピー知識を身に付ける

アトピー性皮膚炎にハウスダストは要注意

前項では「環境アレルゲン」の「ダニ」と「アレルギー反応」についてお話しましたが、「環境アレルゲン」に含まれるものは、まだ、あり、「ハウスダスト(室内の小さなホコリ)」も、そのひとつです。

「ハウスダスト」にはチリ・ホコリはもちろん、ダニの死骸、ダニのフン、繊維クズ、花粉や胞子、たばこの煙粒子などが、入り混じっていて、近年の気密性の高い建物では、掃除機などで目に見えるものはキレイに出来ても、空気中に舞い上がった「ハウスダスト」は取り除くのが難しい状況といえます。

空気中に舞い上がった「ハウスダスト」を呼吸と共に吸い込んでしまったり、皮膚表面に付着したりして、体内への侵入を許してしまうと、これが、「抗原」となり、「T型アレルギー反応」を引き起こす「IgE抗体」が作られてしまいます。
1度、「IgE抗体」が作られてしまった体内に「抗原(この場合はハウスダスト)」が侵入すると、その度に、「アレルギー反応」はおこり、アトピー性皮膚炎の「炎症」や「痒み」を起こしてしまうのです。

空気中を漂う「ハウスダスト」は1度、舞い上がれば十数時間も浮遊し続けると言われ、そんな、呼吸で体内に取り込まれやすい性質から、「吸引性アレルゲン」とも言われます。
 
ハウスダスト対策でアトピー性皮膚炎を抑える >



この章のその他のページ

ダニの増殖はアトピーには厳禁
アトピーにハウスダストは要注意
ハウスダスト対策でアトピーを抑える

大人アトピーと食物アレルギー
アトピー症状と複数のアレルゲン


PAGE
≪ Back   Next ≫

Copyright(C) 2006 アトピー性皮膚炎ガイド. All Rights Reserved.
当サイトにあるすべての内容において無断転載、複製(コピー)を一切禁止します。